卒制展の季節

もう2月になってしまいましたので、年頭のご挨拶は省略する方向で。
こんな「思いついたときに更新」なブログではありますが、
今年もよろしくお願いします。

さて、今回は卒制展、卒業制作展について。
年が明けると、各美大で卒業制作展が行われます。
そのなかには映像作品もあったりするわけで。
思いがけない出会いがあるかもしれません。

☆東京藝大はけっこう大がかり。
2/21~26@東京藝術大学構内、東京都美術館
・東京藝術大学 卒業制作展

☆多摩美もいろいろ分かれてるのですが……
2/5~23@HIGURE 17-15 cas
「大学院グラフィックデザイン表現系修了制作展」
では映像系のものが観られそうな予感。
2/9~11@多摩美術大学上野毛キャンパス
「第15回多摩美術大学上野毛デザイン展」も楽しいかも?
・「多摩美術大学卒業制作展」

☆大阪芸大なんかもどうでしょう。
2/11~18@サントリーミュージアム天保山
・大阪芸術大学グループ 2006年度 卒業・修了作品展

☆映像系のものがあるか不明ですが、京都精華大学は東京で観られます。
2/21~25@AXIS Gallery
・京都大学デザイン学部卒業作品選抜展

学生たちの作品に驚くもよし、「甘いな」なんつって思うのもよし。
とりあえず若さをまぶしく感じることだけは確かです。
[PR]
# by pict-viking | 2007-02-06 12:49 | 新情報

♯44リンク集

暮れも押し迫ってまいりました。
なんか慌しくも静かにうきうきした感じで、年末っていいですよね。
12/18、ピクトアップ♯44が発売されました。
更新が遅れてしまいましたが、♯44でとりあげた方々のリンク集です。

ピクトバイキングでは、flashの小さな学校をひとりでやっている方に
お話を伺いました。
クスール
一応実用ななにか、なんですが、技術オンリーではない、
ちょっと面白いチャレンジをされてる方です。

新しい映画祭、東京シネフェスのレポートなんかも。
非常に個人的な話ですが、「松本大洋ナイト」のトークショーゲスト、
手塚とおるさんのカッコよさに胸を打ち抜かれました。
東京国際シネシティフェスティバル2006

etc…として、こんな方々もご紹介。

日本の表現力
ロゴがバラバラしていることで有名な国立新美術館にて。

東京〈エキストラ〉NOTES
好きな映画は見るだけじゃなく出ちゃおうぜ、という話。

TAKORANTIS
東京コンテンツマーケット2006でも複数受賞したタコラスさんのサイト。

杉並アニメーションミュージアム
アニメーションの町杉並のすてきな施設。
今、東映アニメを毎日がんがん流してて、無料でみられるんですよ?
07年1月5日、6日には「一休さん」の1話&最終話がみられるぜ!

ぜひ本誌もごらんください!
[PR]
# by pict-viking | 2006-12-28 11:09 | リンク集

タムくんの話

そうそう、♯43で書かせていただいた、
ウィスット・ポンニミットことタムくんの話。
月曜に開かれた「タムくんおかえり会」におじゃましました。
タムくん、部屋中にはりめぐらされた紙に、
そこにいる人たちを描いてました。笑顔で。
なぜ、タイに帰ったタムくんがまた緊急来日したかというと!
タムくんアニメツアーのためです。
自分のアニメに、自分でピアノの演奏をつける、まさにDIYなこのツアー、
東京は12/13(水)の分にまだ若干の席があるようです。
福岡、大阪、神戸も、興味のある方は問い合わせてみてくださいね。
[PR]
# by pict-viking | 2006-12-06 13:13 | 追加情報

君の夏にとびたい

ピクトアップ♯44は12/18(月)発売ですよ。
今号もいろんな人が登場してます。慌しい年末、帰省のお供に。
リンク集は発売時に更新することにしていますので、
ちょっとまた新しい情報でも。

12/15(金)から東京・初台のNTT ICCで、
『Open Sky2.0』が開催されますよ。
八谷和彦さん(あの!『ポストペット』の!)が、
2003年ごろから個人的につくった飛行装置たちが展示されます。
その飛行装置は「既存のマンガ・アニメーション作品等とは一切関係ありません」と
明記されていますが、
・最終目標は人(体重50Kg未満)がひとり乗れる「パーソナルジェットグライダー」
・2003年、いちばん最初の試作機の名前は「メーヴェ1/2」
とくれば、あの超名作アニメのあの女の子が乗ってるアレ、が思い浮かぶことでしょう。
実機をみたらなおさら、「まんまじゃん!」と驚くことうけあい。
展覧会では、体重制限アリ&抽選、ですが、実際に機体に乗ることもできそうですよ。
谷を飛ぶ気分で、ぜひ。
[PR]
# by pict-viking | 2006-12-06 13:00 | 新情報

イベントなど。

ご無沙汰しております。
こんなに間が空いて、読んでくださっている方はいらっしゃるのかしら……
不安になりつつ、反省しつつ、新情報です。

本日12/1より、デジタルアートフェスティバル東京2006が開催されています。
けっこうこれが盛りだくさんで、全容をうまく把握しきれているか自信がないのですが、
●NHK-BSのおなじみ「デジスタ」、2006年の優秀作品の展示・上映。
●海外のデジタル・アーティスト&デジスタ・OBの作品展示・上映。
●アーティストのグッズも売ってるよ。
●ライブとか、アーティストトークとかのイベントもあるよ。
という感じでしょうか。
トーキョーワンダーサイト渋谷(おしゃれな若者たちがそぞろ歩く通りにあります)と、
パナソニックセンター東京(M-1予選でもお馴染み? ビッグサイトそばの建物)、
2ヵ所で同時開催。
とくに渋谷、お買い物ついでに立ち寄るとけっこう楽しめると思いますよ。

もうひとつ。
素敵なアニメーションがたっぷり観られるラピュタアニメーションフェスティバル2006
現在開催中!9日までですよ。
[PR]
# by pict-viking | 2006-12-01 20:38 | 新情報

♯43リンク集

さて。
本日より♯43が発売されます。モノトーンな感じの表紙。
今回のピクトバイキングでは、
タムくんことウィスット・ポンニミットさんにメールインタビューを行いました。
気がつけば原稿を書きすぎて、あまりタムくんの絵を載せられなかったのが
残念ですが、興味を持たれた方は下のHPでごらんください。
期間限定で、ipodでタムくんの絵+音楽を楽しめたりしますよ。
・コロムビアミュージックのページ
(デイリーコミック「マムアン」、「マムアンお試しパック」ほか)
http://columbia.jp/artist-info/tamu/

DVDが2枚同時に発売されます。
・タムくんアニメ イエロー
サケロックのPVも収録!
http://columbia.jp/artist-info/tamu/disc.html

・タムくんアニメ グリーン
http://www.uplink.co.jp/webshop/log/001464.php

渡米して5年、えりりんこと田村英里子さんにもメールインタビューしました。
主演映画は10/20までレイトショー公開中。
えりりんの華麗なダンスを観たい方はシネ・ラ・セットに走って!
・『だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!』
http://www.cqn.co.jp/THEATER/lasept

短編オムニバスの「ハヴァ、ナイスデー」は
10/21~SIDE A、10/28~SIDE Bを上映。
ステキな監督さんの短編がまとめて観られて、んー贅沢ですね。
・ハヴァ、ナイスデー
http://tan-pen.jp/special/have

空港行ったついでに、若者たちのつくる映画でも覗いてみますか。
・学生国際ショートムービー映画祭in関空
http://www.osaka-unicon.org/project/2006eigasai

名作映画からディズニーアニメまで500円DVDって今たくさんあるんですけども、
(個人的にはNHK「きょうの料理」のDVD500円、てのが驚きました)
あえてオリジナル作品をしかもコンビニで出そうとする気概を買いたいところです。
・B-T WAVE ワンコインDVD
http://www.biotide-films.com/btwave
昭和ブームに乗っかってみた感じがなんともいえません。

ぜひ本文もごらんくださいね。
[PR]
# by pict-viking | 2006-10-18 13:10 | リンク集

2ヶ月のご無沙汰です

ずいぶんと間があいてしまってごめんなさい。
忘れていたわけじゃないんです。
おそらく私が一番このページを訪れていたと思います。
さて、前回の投稿で『現場見学レポを更新するかも』といったのは
来春公開予定の『アルゼンチンババア』のことでした。
このレポートは本家『ピクトアップの雑感』のほうで
数回にわたり更新しています。
(まだまだ素材はあるので更新できるんですが、もういい加減時間も経ったし、
続けるかどうかは迷い中です)
 
次回は10月18日発売の号にあわせて情報を更新する予定です。
次号の「バイキング」では、
今この瞬間、にわかに話題の田村英里子さんにメールインタビューもしてます。
お楽しみに。
[PR]
# by pict-viking | 2006-10-05 13:50 | etc

♯42 リンク集

先週の土曜、雷雨後の山手線に乗ったら、
「この電車、200分遅れで運行しております」というアナウンスがありました。
山手線だったら、遅れ関係なくない?

さて。雷雨やら停電やら大変なことになっている東京より、
2ヶ月に1回、恒例の本誌ピクトバイキング記事リンク集です。
♯42は8/18(金)発売です。お盆が終わるころですが、旅や帰省のお供にも。

今回はスカイフィッシュ。
『スカイフィッシュの捕まえ方~国内編~』
『スカイフィッシュの捕まえ方~サイエンスジャーニー編~』
この不思議なDVDを作るために会社を辞めた、
映像ディレクターの古屋雄作さんに話を伺ってます。
もう一人の制作者である水野敬也さんのHPはこちら。
・ウケる日記
http://www.mizunokeiya.com/

更新はしばらくされていませんが、一応この作品関連のHP。
・スカイフィッシュ マニアックス
http://www.skyfish-maniax.com/

ぴあフィルムフェスティバル(PFF)のグランプリ&準グランプリの監督に、
突然電話をかけてインタビュー。
とくにグランプリの熊谷監督は本当にお忙しい時期で、
かなり無理をして時間を割いてくださいました。
・第28回ぴあフィルムフェスティバル公式サイト
http://www.pia.co.jp/pff/festival/28th/index.html

PFFは9月から11月まで、全国をまわりますよ!

埼玉・川口のSKIPシティに遊びに行きました。
・SKIPシティ
http://www.skipcity.jp/

・SKIPシティ国際Dシネマ映像祭
http://www.skipcity-dcf.jp/

※このSKIPシティ訪問記ですが、掲載の日にちに誤りがあります。
正しくは、一度目の訪問が7/16(日)、二度目の訪問が7/23(日)です。
お詫びして訂正いたします。

今回、誌面では映画祭や上映情報をカバーできていないので、
そのぶんブログの更新をしたいなあ、と思っているのですが。
あまり期待をせず、たまに覗いてくだされば幸い。

あ、近いうちに、現場見学レポートを掲載するかもしれません!
[PR]
# by pict-viking | 2006-08-14 23:56 | リンク集

舞台挨拶

こんにちは。この間までひきずってた梅雨もついに明けたと思ったら
早速うだるような暑さの日々です。
それにしても、映画館のなかはどうしていつもあんなに寒いんだろう?

最近、気になっていることがあります。
それは、舞台挨拶。
きっかけは、『間宮兄弟』公式ブログでした。
ずっと遡って観ていただくとわかるのですが、この映画、
主演のお二人&森田芳光監督が、すごい量の舞台挨拶をやってるんです。
5月公開の作品ですよ?なのに、ついこの前まで、延々。
個人的に観に行った塚地さんが舞台に上がると、
実は佐々木蔵之介さんも観に来ていて即席トークショー、なんてのも。
お二人がこの映画を本当に愛しているのだなあと、
ほほえましく思いながらブログを読んでおりました。
森田監督の日記もいいんですよ。
『間宮兄弟』、今ならまだ吉祥寺バウスシアターでみられます。

そして、都会で一人、生きる女子の心をわしづかみにして大ヒットした(予想)、
『かもめ食堂』。この作品も、ヒット御礼凱旋舞台挨拶が行われます。
シネスイッチ銀座にて、明日!!
かもめ食堂blog
に詳細が書いてありますよ。

初日舞台挨拶は必ずといっていいほどあるものだけど、
こうしてさらなるイベントがあると、
作り手の温度が伝わってくるようで嬉しいですよね。
大きい映画ではなかなかそういうことが少なかったりしますが、
できるならもっとやればいいのにー。と思ったりしました。
[PR]
# by pict-viking | 2006-08-04 16:51 | etc

シーズン第一波到来

いやー。やって来ましたね。映画祭シーズンですよ。
なぜかわかりませんが、夏がはじまる!って感じの7月中旬と、
ずいぶんすごしやすくなる秋に、映画祭って多く開かれるんですよねー。
なぜか、いつもの投稿より軽い口調ですが。編集長が書くブログのよう。

開催中~7/17(月) 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭@スパイラルホール
7/15(土)~21(金) ぴあフィルムフェスティバル@渋谷東急
7/15(土)~23(日) スキップシティ 国際Dシネマフェスティバル@SKIPシティ

まだ、プロの作り手ではない人たちの作品にはからずも心打たれたり、
ふだんなかなか観ない国の作品を観てみたら、超好みだったり。
そういう思いがけない出会いがあるのが映画祭の楽しいところですよ。

個人的に気になってるのはSKIPシティで同時開催のコレ。

開催中~9/18(月)『PLAY! デジタルムービー ~「見る映像」から「遊べる映像」へ~』展

いろいろ体験できるみたいです。
とくにこのVJワークショップ
しろうとDJはびこるなか、VJデビューを画策するのもいいかもしれません。
『講師:MEN'S VJ』ってあたりの謎かげんも気になる。
[PR]
# by pict-viking | 2006-07-13 22:48 | 新情報