<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

♯63ご紹介

さて、2月18日に発売されたピクトアップ♯63(嵐5人の表紙が目印!)
に掲載のピクトバイキングのご紹介です。

今回は、日本テレビのディレクター、安島隆さんにインタビューしました。
現在放映中の「潜在異色〜人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物〜」
ディレクターを務めていらっしゃる方です。

この番組、実は元々、ライブでした。
そして安島さんはこのライブの立ち上げに、会社とは関係なく、
趣味の一環として関わりました。
趣味ではじめたライブがテレビ番組になるってどういうことでしょうか?
安島さんの歴史を遡ると、ラーメンズ、バナナマン、おぎやはぎという
そうそうたるメンツによるコントDVDを企画・制作していたりもするのですが、
その時の所属はなんと人事!
テレビ局とはいえ、人事担当がDVD作品をつくるって……え、どうやって!?
続きが気になった方は、どうぞ本誌をご覧ください。

ドリフターズの公開収録に衝撃を受けたいち少年が、
成長して何を考え、どんな思いでいま、テレビ番組をつくっているのか。
そのお話を通じて、いまのテレビでお笑い番組をつくることとはーー?
という話題にも少し触れられたのかな、と思います。

それだけでなく、なにかやりたいこと、つくりたいものがある時に、
「自分の置かれている状況がよくない」というのは言い訳にしかすぎないのだ、
と思い知らされましたよ。

「潜在異色〜人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物〜」は、
日本テレビ系にて毎週土曜日0:50〜1:20に放映中です。
(系列局の放映日等はHPをご覧くださいね)

ちなみに、♯63にはこの「潜在異色」発起人である、
南海キャンディーズ山里亮太さんと、アンガールズ田中卓志さんによる
対談も掲載されています!
お二人による、オードリー春日さんへの思い、
ドランクドラゴン鈴木拓さんの魅力など、
なかなか他では語る機会のないお話もしていただいています。


さて、バイキング内のもうひとつのコーナーでは、
映画監督の太田真博さんをご紹介。
まるでその場にいるような臨場感溢れる作品は、いったいどうやってつくるのか?
そこに込められた思いは?
そんなことをインタビューさせていただきました。
太田監督の「笑え!」「ドリブラー」の2作品が、
2/27(土)〜3/2(火)名古屋シネマスコーレで上映されます!
個人的には「笑え!」の息づまる緊張→弛緩のカタルシスがたまりません。
名古屋方面の方はぜひ!!

ピクトアップHPはこちら
[PR]
by pict-viking | 2010-02-21 00:28 | リンク集