カテゴリ:新情報( 16 )

♯67発売です!

さて、明けて10/18(月)、ピクトアップ#67が発売されます!
表紙は『SP』公開を控えた岡田准一さん。関ジャニ∞さんの記事もあります。

そんななか、今回のピクトバイキングでは、
初主演作『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』が11/6に公開される
バナナマンの設楽統さんにお話を伺いました。
この映画のこと、俳優業のことをはじめとして、
毎年欠かさず行っているライブについて、そしてお笑いというものに対する考え方まで。
とても丁寧に話してくださいました。
とくに、バナナマンがいまのようにお茶の間に欠かせない顔になった、
〈設楽さんの内側でのきっかけ〉の話は意外で、衝撃的なものでした。
ぜひ読んでみてください。

もうひとつ、ミニコーナーでは
ストップモーション・アニメーション『電信柱 エレミの恋』の監督・中田秀人さんに
メールインタビューをしました。
細かい部分まで作りこまれた世界観と、いじらしさに胸が詰まるストーリーの
このアニメーション、公開から1年たった今も注目を集め続けています。
最新情報は中田監督の「ソバットシアター」へ。

それでは書店店頭でお会いしましょう!
ピクトアップのHPはこちら
[PR]
by pict-viking | 2010-10-17 23:00 | 新情報

展覧会情報ふたつ

こんにちは。
18日発売の次号♯51には、2号ぶりにピクトバイキングが載っています。
私が今もっとも注目している女優さんに取材しました。
独特の間合いを持った、とってもステキな方です。お見逃しなく。

さて、久々に映像関連の情報を更新します。
次号に掲載したかったけれど、
期間が合わず掲載できなかった展覧会を2つ。

文化庁メディア芸術祭@国立新美術館
2/6(水)~17(日)

文化庁による2007年ヒット集って感じでしょうか。
とくにマンガ部門は、ここに選出されたことをきっかけに、
それまで「隠れた名品」だったのが、「爆発的ヒット」へと変貌していくもの多数。
さらに『夕凪の街、桜の国』のように映画化されるものも。

アニメーション部門の優秀作品がタダで観られるのも嬉しいですが、
「オタワ国際アニメーションフェスティバル」をはじめとする
世界の映画祭の映像が観られる貴重な機会でもあります。
CMだけでは全貌のつかめない、大友克洋さんの
『FREEDOM』一挙上映もありますよ!

個人的には「アート部門」が好きです。
とくにインタラクティブアートのところでは、ものすごくざっくり言ってしまうと
「フシギなおもしろ機械/システム」的なものを自由に体験できたりして、
タダなのが申し訳ない!ってほどに楽しめるイベントなんですよねー。

ただ、土日はすっごく混みます。時間に融通のきくかたは、ぜひ平日に。
今年から、東京都写真美術館から国立新美術館へ会場が移行。
国立新美術館に行ったことない方、チャンスです。
・文化庁メディア芸術祭


文学の触覚@東京都写真美術館

開催中~2/17(日)
さて、「メディア芸術祭」が今年もコッチでやっててくれたら
はしごできたのに!と思いつつこちらもご紹介。

純文学とメディアアートのコラボ、なんて説明は難しい感じですが、
要は現代の小説家たちの作品を、映画や舞台ではないやり方で。
目にみえるようにしてみました、ってことです。
映画とはひとあじ違う映像作品や、思いがけない立体作品など、
文章を形にすることの自由さを感じられる展覧会になっている、
のでは、と思います。
・文学の触覚

今年もぽつりぽつりと更新していきますので、
よろしくお願いします!
つぎは♯51の発売に合わせて更新します!
[PR]
by pict-viking | 2008-02-05 13:29 | 新情報

略してコ・フェスタ

ご無沙汰しております。次のピクトバイキングはステキな二人組の登場です。お楽しみに。

さて、JAPAN国際コンテンツフェスティバルことコ・フェスタが開幕。
なぜ「日本」じゃなく「JAPAN」なのかとか、コ・フェスタって……とか、いろいろ思うところはありますが、要はこれ、今まで個々でやっていた映画、アニメ、ゲーム、音楽などの「コンテンツ」に関わるイベントをひとつにまとめて、大きなイベントとしてばーんと打ち出していこう、というもののようです(なんとなく眺めてみての私の予測。間違ってたらごめんなさい)。
今年で20周年を迎える日本最大の映画祭、東京国際映画祭もそのひとつに入っていますし、NHKの日本賞もあります。一方で今年からはじまるイベントも多くあります。
一般向けのものも少なくないので、興味のある方はちょっと覗いてみては?いちばんのウリは劇的3時間SHOWのようですね。すごいメンツが揃ってます。
個人的には国際ドラマフェスティバルinTOKYOが非常に気になっています。何やるんだろう?
[PR]
by pict-viking | 2007-09-20 15:13 | 新情報

着物で行きたい。

先週の土曜日から、ユーロスペースにて
「日本女子のソコヂカラ」という特集上映が行われています。

ブルース・インターアクションから発売されている「着物女のソコヂカラ」という
着物スタイルブックと連携した特集上映なんです。
日本映画に映し出されてる着物とその着こなしや所作は
こんなにも美しくてうっとりするものなのだよ、と教えられる作品ばかり7本を、
日替わりで上映しています。

この本&上映を仕掛けたのは、チェブラーシカを日本につれてきた(!)、
チェブカフェの吉田久美子さんという方。
ロシアからいきなり和へ。その辺のことは彼女の日記に書かれています
(現時点で最新の、2月20日のエントリがものすごくぐっときます)。
私、この本&上映に久々に乙女心をくすぐられました。
日本やばい。かっこよすぎる。って思うこと必至です。

レイトショーにて16日まで。
[PR]
by pict-viking | 2007-03-07 16:48 | 新情報

卒制展の季節

もう2月になってしまいましたので、年頭のご挨拶は省略する方向で。
こんな「思いついたときに更新」なブログではありますが、
今年もよろしくお願いします。

さて、今回は卒制展、卒業制作展について。
年が明けると、各美大で卒業制作展が行われます。
そのなかには映像作品もあったりするわけで。
思いがけない出会いがあるかもしれません。

☆東京藝大はけっこう大がかり。
2/21~26@東京藝術大学構内、東京都美術館
・東京藝術大学 卒業制作展

☆多摩美もいろいろ分かれてるのですが……
2/5~23@HIGURE 17-15 cas
「大学院グラフィックデザイン表現系修了制作展」
では映像系のものが観られそうな予感。
2/9~11@多摩美術大学上野毛キャンパス
「第15回多摩美術大学上野毛デザイン展」も楽しいかも?
・「多摩美術大学卒業制作展」

☆大阪芸大なんかもどうでしょう。
2/11~18@サントリーミュージアム天保山
・大阪芸術大学グループ 2006年度 卒業・修了作品展

☆映像系のものがあるか不明ですが、京都精華大学は東京で観られます。
2/21~25@AXIS Gallery
・京都大学デザイン学部卒業作品選抜展

学生たちの作品に驚くもよし、「甘いな」なんつって思うのもよし。
とりあえず若さをまぶしく感じることだけは確かです。
[PR]
by pict-viking | 2007-02-06 12:49 | 新情報

君の夏にとびたい

ピクトアップ♯44は12/18(月)発売ですよ。
今号もいろんな人が登場してます。慌しい年末、帰省のお供に。
リンク集は発売時に更新することにしていますので、
ちょっとまた新しい情報でも。

12/15(金)から東京・初台のNTT ICCで、
『Open Sky2.0』が開催されますよ。
八谷和彦さん(あの!『ポストペット』の!)が、
2003年ごろから個人的につくった飛行装置たちが展示されます。
その飛行装置は「既存のマンガ・アニメーション作品等とは一切関係ありません」と
明記されていますが、
・最終目標は人(体重50Kg未満)がひとり乗れる「パーソナルジェットグライダー」
・2003年、いちばん最初の試作機の名前は「メーヴェ1/2」
とくれば、あの超名作アニメのあの女の子が乗ってるアレ、が思い浮かぶことでしょう。
実機をみたらなおさら、「まんまじゃん!」と驚くことうけあい。
展覧会では、体重制限アリ&抽選、ですが、実際に機体に乗ることもできそうですよ。
谷を飛ぶ気分で、ぜひ。
[PR]
by pict-viking | 2006-12-06 13:00 | 新情報

イベントなど。

ご無沙汰しております。
こんなに間が空いて、読んでくださっている方はいらっしゃるのかしら……
不安になりつつ、反省しつつ、新情報です。

本日12/1より、デジタルアートフェスティバル東京2006が開催されています。
けっこうこれが盛りだくさんで、全容をうまく把握しきれているか自信がないのですが、
●NHK-BSのおなじみ「デジスタ」、2006年の優秀作品の展示・上映。
●海外のデジタル・アーティスト&デジスタ・OBの作品展示・上映。
●アーティストのグッズも売ってるよ。
●ライブとか、アーティストトークとかのイベントもあるよ。
という感じでしょうか。
トーキョーワンダーサイト渋谷(おしゃれな若者たちがそぞろ歩く通りにあります)と、
パナソニックセンター東京(M-1予選でもお馴染み? ビッグサイトそばの建物)、
2ヵ所で同時開催。
とくに渋谷、お買い物ついでに立ち寄るとけっこう楽しめると思いますよ。

もうひとつ。
素敵なアニメーションがたっぷり観られるラピュタアニメーションフェスティバル2006
現在開催中!9日までですよ。
[PR]
by pict-viking | 2006-12-01 20:38 | 新情報

シーズン第一波到来

いやー。やって来ましたね。映画祭シーズンですよ。
なぜかわかりませんが、夏がはじまる!って感じの7月中旬と、
ずいぶんすごしやすくなる秋に、映画祭って多く開かれるんですよねー。
なぜか、いつもの投稿より軽い口調ですが。編集長が書くブログのよう。

開催中~7/17(月) 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭@スパイラルホール
7/15(土)~21(金) ぴあフィルムフェスティバル@渋谷東急
7/15(土)~23(日) スキップシティ 国際Dシネマフェスティバル@SKIPシティ

まだ、プロの作り手ではない人たちの作品にはからずも心打たれたり、
ふだんなかなか観ない国の作品を観てみたら、超好みだったり。
そういう思いがけない出会いがあるのが映画祭の楽しいところですよ。

個人的に気になってるのはSKIPシティで同時開催のコレ。

開催中~9/18(月)『PLAY! デジタルムービー ~「見る映像」から「遊べる映像」へ~』展

いろいろ体験できるみたいです。
とくにこのVJワークショップ
しろうとDJはびこるなか、VJデビューを画策するのもいいかもしれません。
『講師:MEN'S VJ』ってあたりの謎かげんも気になる。
[PR]
by pict-viking | 2006-07-13 22:48 | 新情報

新たなる映画祭

f0071468_1505543.jpg
東京ファンタスティック映画祭は
休止になってしまいましたが、
今秋、新しい映画祭がはじまります。
東京シネシティフェスティバル、通称シネフェス。

その新しい映画祭のキャラ&ロゴを、
ピクトバイキングで取材したアニメーション作家、
青木純さんがつくってます。

キャラクターは、ワニ。
個人的には、キャラグッズとかもできるといいなー。
ぬいぐるみとか。とこっそり思っています。
映画祭の中身ともども、期待して待つことにしましょうか。

・東京シネフェス
http://ticf.jp/
(7月中旬オープン予定)
[PR]
by pict-viking | 2006-07-07 15:04 | 新情報

ピクサー展

先週の土曜日、7/1から六本木にてピクサー展が開催されてます。
「アニメーションの原点」でもある、立体のゾーエトロープ(驚き盤、
ちょっとずつ違う形のモノが回転することで動いてるようにみえるモノ)とか、
もちろんラフスケッチとか、いっぱい見られるみたいです。
子どもたちより大人のほうが楽しめるかもしれません。
あ、もちろんTOHOシネマズ六本木ヒルズでは、
ピクサーの最新作「カーズ」上映中。セットでどうですか。

・ピクサー展 ~『トイ・ストーリー』から最新作『カーズ』まで~
7/1(土)~8/27(日) 森アーツセンター 一般¥1500
http://www.roppongihills.com/jp/events/macg_pixar.html
[PR]
by pict-viking | 2006-07-03 10:49 | 新情報