♯67発売です!

さて、明けて10/18(月)、ピクトアップ#67が発売されます!
表紙は『SP』公開を控えた岡田准一さん。関ジャニ∞さんの記事もあります。

そんななか、今回のピクトバイキングでは、
初主演作『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』が11/6に公開される
バナナマンの設楽統さんにお話を伺いました。
この映画のこと、俳優業のことをはじめとして、
毎年欠かさず行っているライブについて、そしてお笑いというものに対する考え方まで。
とても丁寧に話してくださいました。
とくに、バナナマンがいまのようにお茶の間に欠かせない顔になった、
〈設楽さんの内側でのきっかけ〉の話は意外で、衝撃的なものでした。
ぜひ読んでみてください。

もうひとつ、ミニコーナーでは
ストップモーション・アニメーション『電信柱 エレミの恋』の監督・中田秀人さんに
メールインタビューをしました。
細かい部分まで作りこまれた世界観と、いじらしさに胸が詰まるストーリーの
このアニメーション、公開から1年たった今も注目を集め続けています。
最新情報は中田監督の「ソバットシアター」へ。

それでは書店店頭でお会いしましょう!
ピクトアップのHPはこちら
[PR]
# by pict-viking | 2010-10-17 23:00 | 新情報

♯66ご紹介

ご無沙汰しております。
♯66、本日8月18日発売です!
嵐の二宮さんが表紙ですよー。書店でご覧ください。

さて、ピクトバイキングでは今回、シベリア少女鉄道主宰の土屋亮一さんに
ご登場いただきました。
シベリア少女鉄道は、ごくありふれた日常を淡々と表現する……と思いきや、
まさかの大どんでん返しが巻き起こる!というお芝居をする集団です。
何を言っているか全然わからないと思いますが、
観たらその発想のとんでもなさに驚いてとりこになるはず!と思います。
この土屋さんが、最近構成作家として活躍されているのです。

ひとつは毎週木曜深夜0:15~NHK総合にて放送中の
「WALKING EYES アルクメデス」
もうひとつは、テレビ神奈川や千葉テレビなどで放映中の
「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」
です。

これにかこつけて、土屋さんにいろいろとお伺いしました。
ぜひ読んでみてください!

なお、ちょっと先ですが、1月に本公演があります!
「芝居、見たことないわー。でもテレビは好き、
バラエティ番組とかけっこう見る」という方にこそ、
ぜひ見てほしいのです!

シベリア少女鉄道スピリッツ
「もう一度、この手に」(仮)
2011年1月6日(木)~18日(日)@王子小劇場

詳細はシベリア少女鉄道HPまで!


さてさて、
更新が滞っていた間にも、ピクトバイキングは掲載されておりましたよ!
錦戸亮さんが表紙の♯65では、劇団・ヨーロッパ企画の永野宗徳さんに、
〈作家として〉インタビューさせていただきました。
松たか子さんが表紙、あの「告白」特集の♯63では、
アニメーション作家の和田淳さん、芸人であり監督の松本卓也さんの
ダブルインタビュー。
バックナンバーをピクトアップHPにて発売中です!
[PR]
# by pict-viking | 2010-08-19 02:14 | 全般

♯63ご紹介

さて、2月18日に発売されたピクトアップ♯63(嵐5人の表紙が目印!)
に掲載のピクトバイキングのご紹介です。

今回は、日本テレビのディレクター、安島隆さんにインタビューしました。
現在放映中の「潜在異色〜人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物〜」
ディレクターを務めていらっしゃる方です。

この番組、実は元々、ライブでした。
そして安島さんはこのライブの立ち上げに、会社とは関係なく、
趣味の一環として関わりました。
趣味ではじめたライブがテレビ番組になるってどういうことでしょうか?
安島さんの歴史を遡ると、ラーメンズ、バナナマン、おぎやはぎという
そうそうたるメンツによるコントDVDを企画・制作していたりもするのですが、
その時の所属はなんと人事!
テレビ局とはいえ、人事担当がDVD作品をつくるって……え、どうやって!?
続きが気になった方は、どうぞ本誌をご覧ください。

ドリフターズの公開収録に衝撃を受けたいち少年が、
成長して何を考え、どんな思いでいま、テレビ番組をつくっているのか。
そのお話を通じて、いまのテレビでお笑い番組をつくることとはーー?
という話題にも少し触れられたのかな、と思います。

それだけでなく、なにかやりたいこと、つくりたいものがある時に、
「自分の置かれている状況がよくない」というのは言い訳にしかすぎないのだ、
と思い知らされましたよ。

「潜在異色〜人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物〜」は、
日本テレビ系にて毎週土曜日0:50〜1:20に放映中です。
(系列局の放映日等はHPをご覧くださいね)

ちなみに、♯63にはこの「潜在異色」発起人である、
南海キャンディーズ山里亮太さんと、アンガールズ田中卓志さんによる
対談も掲載されています!
お二人による、オードリー春日さんへの思い、
ドランクドラゴン鈴木拓さんの魅力など、
なかなか他では語る機会のないお話もしていただいています。


さて、バイキング内のもうひとつのコーナーでは、
映画監督の太田真博さんをご紹介。
まるでその場にいるような臨場感溢れる作品は、いったいどうやってつくるのか?
そこに込められた思いは?
そんなことをインタビューさせていただきました。
太田監督の「笑え!」「ドリブラー」の2作品が、
2/27(土)〜3/2(火)名古屋シネマスコーレで上映されます!
個人的には「笑え!」の息づまる緊張→弛緩のカタルシスがたまりません。
名古屋方面の方はぜひ!!

ピクトアップHPはこちら
[PR]
# by pict-viking | 2010-02-21 00:28 | リンク集

♯62ご紹介と束芋さん関連イベント!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、いまとなっては去年のことですが、
12月に発売した最新号♯62のご案内をしたいとおもいます。

現在、横浜美術館で大規模な個展「断面の世代」が開かれている
現代美術作家の束芋さんにインタビュー。
観ているだけでその世界に包み込まれてしまうような、
美しさと不気味さが同居するアニメーションをつくる方です。
アーティスト活動10年目を迎える彼女に、どんな思いで作品に取り組んでいるのか、
じっくり伺いました。
取材は、この個展の準備が大詰めを迎える11月中旬。
軽井沢のアトリエまでおしかけたにも関わらず、こころよく質問に応えていただきました。

12月25日にはダンス・ライブ「油断髪」も開催されましたが、
その際、ダンスを担当した康本雅子さんにも誌面でコメントをいただいています。

そして来たる1月16日(土)、17日(日)には、横浜美術館レクチャーホールにて
劇団WANDERING PARTYによる演劇「total eclipse -トータル・エクリプス-」の公演が。
束芋さん自身が「この作品を観たことで、個展の軸が決まった部分もある」というほど
今回の個展に影響を与えたお芝居の再演です。
束芋さんの新作映像も劇中で使われるとか。どんなふうに登場するんでしょう?
私ももちろん行く予定です。
詳細はこちらから。

ピクトアップHPはこちら
[PR]
# by pict-viking | 2010-01-07 01:50 | リンク集

♯61ご紹介

さてさて、10/17(土)に発売されました、ピクトアップ最新号♯61。
表紙は瑛太さんと阿部サダヲさん!11/14(土)公開『泣くもんか』のお二人です。

ピクトバイキングでは、映像コンテスト『BACA-JA』をとりあげました。
☆BACA-JA HP
このコンテスト、ちょっと変わっているのが、一般応募ができないんです。
学校(映像関連の大学等)の先生を通じての応募しか受け付けていないコンテスト。
と聞くと、漠然としたイメージで「カタい作品や優等生的な作品が?」なんて
思ってしまったりもするのですが、それどころか、今まで観たことのないような
チャレンジ精神溢れるクオリティの高い作品がばんばんここから出ています。

今回の記事は、ある日Youtubeで
井上涼さんの「赤ずきんと健康 」を観たのがきっかけでした。
そのテンポやキレのよさに「す、すごい!」と思い、この作品のことを
調べているうちに、これがBACA-JA受賞作だと知ったのです。
同じ年の受賞作品に、竹内 泰人さんの「オオカミはブタを食べようと思った。」 があり
「この作品も!?」という驚きから、BACA-JAの取材につながった、というわけです。
(「オオカミ〜」もYoutubeで話題になった時に観ていて、衝撃を受けた作品でした)
2作品とも、タイトルで検索するとすぐ観られます。
誌面では、このお二人にお話を伺っていますよ。

もうひとつは、先日はじまったドラマ『深夜食堂』
こちらの現場に潜入しました!というレポート。
囲み取材で記者の質問に一つひとつ答える小林薫さんの受け答えが、
飾らない言葉で紡がれていて、本当にマスターそのものという感じでした。

ドラマのもうひとつの主役である料理は、
「かもめ食堂」「めがね」の飯島奈美さんがご担当。
ふつうのスタジオで収録しているので、当然ながらキッチンの設備が
すべて整っている、というわけではないんです。
なのに、テレビ越しに見てもあんなにおいしそうな料理を生み出す手をもつ飯島さん、
ほんと、さすがです。

[etc…]でご紹介したAEARTH FILM FESTでも、飯島さんが映画作品セレクトに関わっていますよー。
もうひとつ、以前ピクトバイキングで取材させていただいた、
タムくんことウィスット・ポンニミットさんの「LR展」が、
京都で開催されます。京都国際マンガミュージアムでの原画展の関連企画。
秋の京都もいいですねー。

というわけで、♯61のご紹介でした!
ピクトアップHPはこちら
ピクトアップのご購入は全国の書店、もしくはこちらまで。
[PR]
# by pict-viking | 2009-10-18 01:07 | リンク集

ご無沙汰してました、の更新です。

たいへん長らく更新しておりませんでした。申し訳ありません!
更新再開します。

これまで更新できなかった間のピクトバイキングでは、
こんなことを取り上げておりました。


♯57 映像作家・上田大樹さん。
ほかではあまり観たことがないような斬新な舞台映像をつくる作家さんです。
舞台の映像については文字でなかなか説明しづらいのですが、
その特殊性について話していただきました。

♯58 放送作家・倉本美津留さん。
日本テレビ系列で放映された「イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ」。
その奇跡的な成り立ちについて、熱く話してくれました。
倉本さん自身のルーツに立ち返る旅でもあったこの作品、
好評を博して「新・イケ麺そば屋〜」も放映されました。
現在はDVD発売中です!
・イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ 公式HP

♯59 アニメーション作家・イジー・バルタ監督。
チェコアニメーション界の巨匠である彼が手掛けた『屋根裏のポムネンカ』。
その制作秘話から、アニメーションにおける「かわいい」の功罪にいたるまで、
忙しい日本滞在の間に聞かせていただきました。
『ポムネンカ』に出てくる
上映は残念ながら終わってしまいましたが、最新情報はHPなどでチェックを!
・屋根裏のポムネンカ 公式HP

そして、現在発売されている♯60で話を伺ったのが、
上記『屋根裏のポムネンカ』担当でもあった、映画配給宣伝・吉田久美子さん。
個人的には念願の取材でした。彼女の半生を聞いているだけで、
なんだか力が湧いてくるような感じがするんです。
波瀾万丈とはこのことか!というある一人の女性の道のりを、
ぜひ他のページのついでにでも読んでみてください。

さてさて、18日発売予定の♯61では、
学生限定の映像コンテスト『BACA-JA』について探りました。
詳細はまた更新しますね!
ではでは、再び思い出した頃にたまに覗いていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします!
[PR]
# by pict-viking | 2009-10-11 00:45 | 全般

♯56リンク集

宮崎あおいちゃん(崎は正しくは旧字体です)の
「赤い実はじけた」的表紙がかわいすぎるピクトアップ♯56、現在絶賛発売中です。

個人的には今回のピクトアップ、乙女号と呼んでます。
あおいちゃんの表紙&中面グラビア!多部未華子ちゃん!成海璃子ちゃん!の写真が
ことごとくキュンとなるほどかわいいからです。

そんななか、ピクトバイキングも乙女号らしく女子高生にご登場いただきました。
anmitsuという高校生によるフリーペーパー。
このかわいい冊子をつくっている方たちに、いろいろ聞いてみました。
ぜひごらんください。

ほかに、浅草が興奮につつまれた、
したコメことしたまちコメディ映画祭in台東のフォトレポートもあります。

今年も終わりですねー。
みなさまがよい年を迎えられますよう。
[PR]
# by pict-viking | 2008-12-22 12:20 | リンク集

♯55リンク集

すっかり更新してたつもりになってました。つもり貯金してました。ほんとごめんなさい。
盛り上がってまいりました、『流星の絆』特集の♯55、本屋さんで探してみてください。
なかったら「ピクトアップ55号を!」と本屋さんに注文していただけるとうれしいです。
さて、バイキングのほうではですね、広島国際アニメーションフェスティバルについて
2ページまるまる使ってご報告しました。
つーか広島のアニメフェスがあったの8月……今もう冬……。
えっと、そこで若きアニメーション批評家、土居伸彰さんにもお話を伺いました。
彼はあの『頭山』『田舎医者』の山村浩二さん率いるアニメーションの創作と批評の団体、
animationsの一員なのです。
animationsのHPは、とりあえずここみとけば
世界のアニメーションの動向がわかるぜっていうすごいとこだったりしますよ。
ブログはだいたい土居さん、時たま山村さんが書いてます。

というわけで、次号鋭意作成中です!
かなりギリギリのタイミングですが、明日取材に行ってきます!
私にとってはかなり念願の!取材だったりします。
2号前から企画をこっそり出しては
「映像と関係なさすぎる」と編集長にやんわりはねのけられていたのですが、
とうとうこぎつけましたよ。ギリギリもたまにはいいものですね。
もう今からウキウキです。ご期待ください!


ピクトアップHPはこちら
ピクトアップ購入はこちらから。
[PR]
# by pict-viking | 2008-11-28 19:30 | リンク集

♯54リンク集

松田翔太君が表紙の♯54、発売中です。
ピクトバイキングでは、
『東南角部屋二階の女』
の池田千尋監督にインタビュー。
「どんなことでも10年やり続ければ、絶対にモノになる」
なんてことをよく聞きますが、それを体現した人って感じです。
映画のために人生を選択しつづけている彼女ですが、
それをこともなげにさらっと語るのが印象的でした。
プラス、溢れんばかりの愛嬌が!
葛藤を抱える新人監督である一方で、
とびきりかわいらしい女性でした。
作品は加瀬亮さん、西島秀俊さんの空気感がステキですよ。
9月20日よりユーロスペースにて公開。

その他の情報としては、
ヨーロッパ企画のショートショートムービーフェスティバル、
予選会がはじまりますよー(→コチラ)
ってこととか、
美術館で観られる映像について、書いてます。
液晶絵画@東京都写真美術館
まつだい農舞台『怪と談』展
ひとつお詫びがあります。
新潟のこの↑『怪と談』展、映像じゃなかったんです。
「作家によって表現された文字や光や音やオブジェなど」と書いてあったので、
「映像もあるのかしら?」と勝手に思っていただけでした。
すみませんでした。でも楽しいと思いますので、ぜひ。

さて、そろそろ映画祭の季節ですね。
今日からベネチア国際映画祭が開幕。
国内でもつぎつぎはじまりますよ。
みなさんもお近くの映画祭に出かけてみてはいかがでしょうか。

ではまた、近いうちに!
[PR]
# by pict-viking | 2008-08-27 12:00 | リンク集

♯52、53リンク集です

♯51が出てから一度も更新せず、時だけがすぎていきました……。
申し訳ありませんでした。

♯52は「地方発信!」ということで、
日本のいろんな場所で、映画関連のイベントをやっている
団体のみなさんに話を伺いました。
プロジェクトL
レスリー・チャンが好き!という思いだけで、
上映会を開催し続けている女性たちの団体。
レポートを拝見していると、
彼女たちの思いが会場の随所に溢れている感じがして、本当にステキです。
次回の開催はなんと今週末!お近くの方はぜひ。

KOSプロジェクト
地元・群馬発の自主映画を盛り上げよう!という団体。
ゲストを呼んだり、コンペを開催したりと、精力的に活動されています。

映画の空気
渋めの俳優さんたちの特集上映を行う団体。
俳優さんご本人をゲストに、ディープに楽しめるイベントを開催。
次はいつ?だれの特集上映が行われるんでしょう?気になります。

♯52は本屋さんからは姿を消していると思いますが、
ピクトアップHPで購入可能です。

さて、本日発売!『花より男子ファイナル』特集の♯53はうってかわって8ミリ。
学研が8ミリ映写機をこの21世紀に!発売したのです。
いったいなぜ??そもそも、8ミリってどういうメディア??
そんなことを「大人の科学」担当の方に伺いました。
「大人の科学」
このページを観てると、
テルミンやらシンセサイザーやら鳥オルガン(かわいい!!!)に
心奪われてしまいますが、
今回の主役はコレです。
「消えゆくもの」について、ちょっと考えたりしました。

その他、
・「マジックアワー」に取材しようとしたら……?(コネタ)
裁判員制度のDVDが面白い
なんて記事も書きました。

熊坂出監督を囲む会
大阪芸大の卒業作品展を東京で!
なんて情報も掲載しました。
さらに、私が最近楽しく読んでいるブログがこちら
「デトロイト・メタル・シティ」。公開前から期待を集めている作品なのに、
ブログがめちゃめちゃ社内連絡に使われてる感じ。
面白がりながらも、映画公開までにスタッフはこんなにも
いろんな仕事をしているのね、と本当、感心したりもするのです。

ピクトアップHPはこちら
ピクトアップ購入はこちらから
[PR]
# by pict-viking | 2008-06-18 18:20 | リンク集